自宅の屋根裏部屋工事

先月から自宅の屋根裏を部屋にしようとリフォームを始めました。建築屋が自宅をいじると暇かと思われがちですが、決してそうではなく、やむを得ず至急の工事です(笑)

薄暗い屋根裏。約20年前に棟上げした当時のお札が棟木に括り付けてありました。

取れない柱・梁は残し、取っても影響のない部分を外したりして、できるだけ広いスペースを確保。壁にはニッチを・・・ どうせやるならついでにと欲張ってあっちもこっちもニッチだらけに(;^_^A

娘が書いた手書きのスケッチ通りにニッチができてきました!!
断熱材、大事ですよね。

だんだんとできてきました。もうすぐ窓が付いて、屋根裏にあがる階段を取り付けて、終わりが見えてきましたら、楽しみがどんどん膨らんで、早く完成して欲しくなっております。お家を建てる皆様のワクワクするお気持ち、よーくわかりました(^^♪

今日はこの辺で・・・。続きはまた今度(^_-)-☆